ライブドアv.s.フジ

昨日は今話題の堀江社長がS幌で講演をした。会場を急遽変更するほど聴衆が集まったらしい。経済の専門でない僕にはM&Aのことなどさっぱり分からない。

ただ、堀江社長のTシャツ姿より、大株主にあんな態度を取るフジ経営陣の方がよほど失礼だと思う。腹の底はどうでも表面上は丁寧に扱う余裕と礼儀があって当然ではないのか。

テレビは不滅、との発言も笑える。ラジオが凋落したように新しいメディアへのシフトは必ず起きる。これは歴史的必然だろう。ネット世代を敵に回す発言を敢えて繰り返すテレビ経営者には、旧勢力とのレッテルが貼られ、経営者としての賞味期限切れを感じてしまったのは僕だけだろうか。

追うものと追われるもの、革新と守旧、歴史ではごく当たり前で、旧体制は必ず崩壊し新しい社会システムへと移行していく。永遠に存続する帝国は歴史上なかった。娯楽の王様、テレビの次は何なんだろう。
[PR]
by north-archaeo | 2005-03-10 09:16