昨日は峠下遺跡の調査準備で杭打ちに行ったのだが、草刈りだけで終わってしまった。古い笹が折り重なって密集していてなかなか手ごわかったのだ。午後から矢吹さんと2人で刈ったのだが全部は終わらず、残りは矢吹さんにお願いした。感謝。
臼杵先生のGPS測量は無事にデータ収集を終えた。さすが臼杵先生はモンゴル調査で慣れた手際で、学生共々GPS実習を受けたようだった。
天気が回復する来週、今度こそ杭打ち。それにしても国道393号線の開通(昨年秋)で倶知安は近くなった。小樽朝里経由で大学から峠下遺跡まで2時間を切る。正直助かる。
[PR]
# by north-archaeo | 2009-08-27 17:53 | 旧石器
9月7日~13日の予定で倶知安町の峠下遺跡の発掘調査を実施する予定。
札幌学院大学と札幌国際大学の合同での考古学実習の一環として実施する。

峠下遺跡はちょうど50年前に調査され、峠下型細石刃核の標識遺跡でもある。
旧調査区の発見、旧石器出土層の確認、新たな石器集中部の確認などを目的としている。
遺跡は舌状台地上の畑地に所在するが、耕作により包含層はかなり削平されているようだ。
台地縁辺部に試掘を入れる予定である。
[PR]
# by north-archaeo | 2009-08-13 14:58 | 旧石器
 ボクの所属する大学でも取得できるように、調査士2級の資格を科目審査を申請した。考古学・博物館のコースの2~4年生に、この資格について口頭で説明を行ったあとで、アンケートを取った。大学でこの資格を取れるようにして欲しいか、自分は取得するか、資格取得料がいくらまでなら支払って資格を取りたいか、などの項目で50名に対してアンケートを実施した。

つづきを読む
[PR]
# by north-archaeo | 2009-06-24 17:15 | 考古学
(前の記事のつづき)
 まず①の資格のメリット、その後の職は?との問いに、高橋氏は「将来資格を持った人が民間の調査会社や行政に入っていくことを考えている。10年、15年経つと資格を持った人が増えていくだろう。埋蔵文化財調査の社会的透明性を訴える意味でも資格は有効と考えている」と答え、戸田氏からは「民間会社では給与などの面で有資格者を遇するように日本文化財保護協会に加盟各社にお願いしている。また行政から調査担当者の経歴を書くことが求められるので、資格が標準を示すことが出来るのではないか」といった主旨の回答が成された。禰宜田氏からは「現在の採用状況は厳しいが、各組織が世代替わりするときに、その選考に資格が使われるようになれば、と考えている」という発言があった。
 ②の日本文化財保護協会に向けての質問には、戸田氏が「各会社に資格取得者を優先的に採用してくれ、優遇してくれ、とお願いしている。調査の全体量が減っても調査員は必要とされるはずだ。また当協会の資格には行政OBの枠(20年以上の経験)もあるので、そちらも増えていくと考えている」と回答した。
 ③の質問にはやはり戸田氏が答えて「まだ各会社の業績評価・調査担当者評価に際し、日本文化財保護協会の資格を書き込むことを求められたことはない。当協会が資格制度を考える過程で埋蔵文化財調査士(自然科学)とか埋蔵文化財調査士(建築)などの資格を検討したことがある」と発言した。

 

つづきを読む
[PR]
# by north-archaeo | 2009-06-03 18:29 | 考古学
 日本考古学協会が5月30日、31日に早稲田大学で開催された。研究発表の第5会場では14時~17時30分に協会の研究環境検討委員会の主催で「シンポジウム 埋蔵文化財の資格制度を考える」と題して5名の発表があり、その後会場からの質問、意見を受け、発表者が答えるという形でシンポジウムが行われた。
 

つづきを読む
[PR]
# by north-archaeo | 2009-06-01 17:16 | 考古学

桜がやっと咲いた。累積気温が開花温度に達した訳だが、今年は4月後半に気温が低下し、開花が遅れた。北国の春はわあっと全部一緒にやってくる感じだ。梅も桜も一緒に咲く。命が一気に芽吹く。先史時代も北国の春は待ち望まれ、忙しいものだったに違いない。今日はそんなことを考えながら、卒業生とその家族と公園で焼き肉。賑やかで楽しい春の訪れとなった。
[PR]
# by north-archaeo | 2009-05-02 22:51
去る4月25日(土)、北海道旧石器文化研究会が開催された。たしか数年ぶり。それも4月に集まったのは初めてかもしれない。12月の北海考古学会の翌日に集まるのが恒例だったから。時間を超過する発表も多く、また年代や石器群の位置づけをめぐる議論を喚起するような発表もあり、非常に意義深い会となった。

元町2遺跡の整理が進みその全体像が豊富な実測図と報告された。またホロカ型彫器、大型石刃、大型舟底形石器を搬出する石器群の位置付けについて、旧白滝15遺跡の資料整理を根拠として積極的な提議があった。これが道内全体に敷衍できるのか、興味深い話題提供だった。旧白滝3遺跡の調査では白滝遺跡群では異例の良好な堆積から石器群が層位的に検出され、炉跡や炭化物集中があったため各石器群のC14年代も示された。この年代値は今後論議を呼ぶものと思われる。今回は元町2遺跡、旧白滝3遺跡、アンカリトー7遺跡と広郷型細石刃核石器群の報告が目立った。

今年度、役職の変更があり、会長は北沢氏から寺崎氏となり、副会長に山原氏、事務局を直江氏と高倉氏が担当することとなった。

発表者・発表タイトルなどはこちら
[PR]
# by north-archaeo | 2009-04-27 16:15 | 旧石器
旧石器界の大物二人がブログを始めたのを知り、熟読してしまった。教えていただくまで知らなくて、失礼しました。遅ればせながら紹介したい。

長野県のT氏の八ヶ岳だよりは旧石器研究関連のニュースや自身の論文を題材に話題を提供している。掲示板からブログに変更したようだが、断然ブログが面白い。

神奈川県のS氏のブログ黒く光る石と黒く動く虫は旧石器研究ばかりでなく日常の文化財の仕事のことから趣味、家族まで多岐に及ぶ。

とにかく二人ともブログの更新のペースがすごい。とても真似できないが、このペースが保てれば人気ブログになるだろう。関東圏・中部圏の研究動向もリアルタイムに伺えて、目が離せないブログになりそうだ。
[PR]
# by north-archaeo | 2009-04-03 16:42 | 旧石器
昨日の試験で、今年度の入試はすべて終了し、合格発表も終えた。あとは入学手続きを取ってくれるのか、入学辞退が無いか、ドキドキする日々である。今日も親の失業に伴う入学辞退の電話があったようだ。不況の風が吹きまくり、今年は本当に保護者にとってもきつい年となっている。
個人的には入試責任者としての仕事が一段落した。ピンチヒッターとして年度途中で引き受けた入試責任者だったが、今月でお役御免。学科別、コース別の納金状況表を毎日確認し、一喜一憂する日々からは開放された。もうすぐ新入生と対面。大学の新年が始まる。
[PR]
# by north-archaeo | 2009-03-24 13:08 | 大学教育
学芸員科目の増設に伴い、各大学では専任教員の誰か担当するか、非常勤講師を探すか、議論が始まっていることだろう。博物館資料保存論、博物館展示論、博物館教育論、博物館情報・メディア論などが新設となった。現行の教育学概論から博物館教育論となったことで、従来教育学もしくは社会教育学の教員が担当していた「教育学概論」は博物館教育に特化した科目となり、教員を変更しなければならない大学も多いだろう。現行の「視聴覚教育メディア論」と「博物館情報論」が統合され「博物館情報・メディア論」となったので、こちらも同様である。

各大学で博物館勤務の学芸員を非常勤講師にお願いしているが、こう科目が増えては難しいかもしれない。課程設置の申請をしている関係から難しいかもしれない。しかし、各科目の内容の質的充実のためにも、いくつかの大学で共同運営する学芸員課程科目を集中講義で行うなどの運営形態が現実味を帯びてきたように思う。
[PR]
# by north-archaeo | 2009-02-26 15:46 | 博物館
 今日は入学前研修だった。学校推薦入学やAO型入学で合格し、入学手続きを終了した生徒たち全員に大学に集まってもらい、入学前研修を実施している。学内シアターの全体集会では学長の話などを聞いた後、学科別コース別に研修となった。考古学・博物館コースには現時点で14名の入学予定者がいて、全員が出席した。東京から、稚内から、釧路から、ほんとうにご苦労様である。
 自己紹介後、グループでのフリートークの時間には、4月に提出するレポート課題の途中経過や苦労を報告しあったり、将来の夢やら大学への希望などを話題にして盛り上がっていた様子。企画展の模型製作でたまたま実習室に来ていた2年生10人ほどを入学予定者達に紹介したが、自分達の後輩になる生徒達なので、2年生も興味津々の様子だった。
 入学前にコース内に顔見知りができるので、この研修は好評である。今年も和やかなうちに終了した。
[PR]
# by north-archaeo | 2009-01-31 16:41 | 大学教育
c0065797_1418254.jpg

常呂高校に出前授業に行ってきた。30人くらいの高校2年生を対象に考古学とか人文学について説明する授業をやってきた。常呂に遺跡が多いということは生徒達みなよく知っていた。少し早く常呂に着いたので冬のサロマ湖を眺めてきた。湖面は凍結しているが、それほど厚くはなさそうだった。周辺の低湿地部にも一面雪が積もり、大雪原となっていた。
[PR]
# by north-archaeo | 2009-01-30 14:23 | 大学教育
学芸員養成の見直し、博物館実習ガイドラインについてパブリックコメントが募集されている。1月26日までである。大学での博物館必修科目が12単位から19単位へ増やされ、博物館教育論、博物館展示論、博物館資料保存論などが新設される。ガイドラインは大学、博物館双方にとって負担の増える、なかなか大変な内容を含んでいる。

パブリックコメント募集ページはこちら
[PR]
# by north-archaeo | 2009-01-19 12:40 | 博物館
 今日は仕事納め。数年前から酒も出なくなって、理事長・学長の挨拶だけとなり、簡単な仕事納めになった。明日から溜まっている本や論文を読み原稿を書くいつもと同じ正月休みだ。
 今年の冬は入試でどこの学会にも行けず、なんだか取り残されたような気分でもある。新しい資料を見たり、新発見の遺跡の発表報告を聞いたり情報交換も出来なかったので、新しい知識を蓄積することができなかった。それで取り残された感じがする。
 せめて何か読んで新鮮な驚きを得たい。そんな正月休みになるといいのだが。
[PR]
# by north-archaeo | 2008-12-26 17:35 | 大学教育
博物館学芸員資格を取得するための必修科目が増設される。現行の12単位から19単位になるという。どこの大学も休館日である月曜日に、現職の博物館学芸員に講師を依頼しているのが実状だ。講師の確保、時間割の策定、なかなかに大変になることが予測される。博物館実習のガイドラインも出るようだ。これに法的拘束力はないようだが、逸脱した実習できなくなる。

博物館法改正論議であれだけ全国的に大騒ぎしたのに、文科省令でいじれる所だけ変えて終わり?それも大学のカリキュラムだけとは。肝心の博物館の登録要件改正やら、増え続ける博物館類似施設問題、学芸員上級資格には手を付けず、やりやすいとこだけですか、結局。
[PR]
# by north-archaeo | 2008-12-06 15:45 | 博物館
浅茅野遺跡の地主である佐藤氏から私家版の冊子を送っていただいた。1967,68年の2回の発掘の経緯や当時の発掘の様子が記され、発掘現場の写真、出土石器の写真なども掲載されていて、興味深い。黒曜石製峠下型細石刃核、エンドスクレイパー、石刃などの写真が掲載されいている。遺跡現地にはご自身が最近銘碑を設置されたようだ。写真を見る限りでは、発掘区を拡張すればまだ石器の出る地点がありそうに思われた。
[PR]
# by north-archaeo | 2008-11-13 08:55 | 旧石器
札幌圏で考古学が学べる大学はいくつかある。独立行政法人の大学はもちろんだが、私立大学でも専任の考古学の教員がいる大学が3校ある。そしてその3校は単位互換制度が結ばれており、学生はお互いの大学で単位を取ることができる。もっと交流があっても良さそうなものだが、なかなか進まない。地理的問題もあるが、相互に交流が促進されるようにまずは教員の努力が必要だろう。そんなことを考えていたら、S学院大学のU先生が考古学を学ぶ学生の交流を促すように、相互の大学訪問を呼びかけてくれた。ありがたいことだ。気負わず、ゆっくり、絶えないように考古学を学ぶ学生の相互交流の輪を広げていきたいものだ。

つづきを読む
[PR]
# by north-archaeo | 2008-10-22 18:04 | 大学教育
c0065797_1743798.jpg

久しぶりに北十勝の糠平湖を訪れた。湖の水位はやや下がっていてタウシュベツ橋がよく見えた。湖面には霧がかかっていた。今年の紅葉は色づきが今一つだが、糠平温泉街の紅葉は色が鮮やかだった。橋の向こうあたりがタウシュベツ川南遺跡にあたる。
[PR]
# by north-archaeo | 2008-10-10 17:43 | 旧石器
十勝の帯広市の発掘調査の様子が日誌形式で公開されている。卒業生からの連絡で知った。写真も貼られており、調査の進行状態がよく分かる。6月中旬から7月末までという短い期間の調査であるが、ちょっと見学に行きたくなってしまった。うちの大学は8月5日まで期末試験があるので、調査終わっちゃうなあ。中村遺跡発掘調査ニュースはこちら
[PR]
# by north-archaeo | 2008-07-20 17:37 | 考古学
日本考古学協会の日曜日の口頭発表、第5会場での石川先生の「埋蔵文化財発掘調査資格をめぐって」を聴いた。14時15分からの発表であったが時間前にほぼ満席。定刻にはベランダにも壁際にも立ち見の聴衆があふれ、座席は完全に埋まった。日本文化財保護協会の戸田先生も早稲田大の高橋先生も着席していた。

つづきを読む
[PR]
# by north-archaeo | 2008-05-29 23:35 | 考古学