<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶』という記録映画を有楽町マリオンのTohoシネマズで封切り日の昨日観てきた。1994年に発見されたフランスのショーヴェ洞窟の壁画を3Dでみせるのだが、この3D映像がすごい。洞窟壁面のくぼみや出っ張り、どういった場所に壁画が描かれているのかよくわかる。ショーヴェ洞窟壁画の写真では全く分からなかったのに、やはり3D。こういう記録には3Dは最適だ。
また壁画保存のため非常に厳しい制限が行われており、研究者も撮影スタッフも限られた時期の数時間しか洞内に滞在できない様子もよくわかった。報告書で気になっていた祭壇状の鍾乳石上に置かれたホラアナグマの頭骨は1シーンしか出てこなかったが、やはりとても印象に残った。後半、ドイツのビーナス像の話題や投槍器の話題等も取り上げられていたが、全体としては派手な演出もなく、よく出来た記録映画になっていた。
3週間の上映期間で、有楽町では毎日20時からの1回の上映しかない(六本木ヒルズは上映回数が多いようだ)。昨夜、座席はとても空いていた。
[PR]
by north-archaeo | 2012-03-04 18:50 | 旧石器