<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 忠類で実施されているナウマン象発掘地点の調査を見学してきた。出穂さんには無理を言って勝手な押しかけ見学者である私も一泊させてもらった。深く感謝したい。調査の目的、調査メンバーなどは八ヶ岳旧石器HPに掲載されいているので参照されたい。現代的な視点での、各層の確認、年代の再検討などが目的のようだった。
 調査初日の金曜日は夕方到着したのだが、あいにくの雨。しかし露頭断面は綺麗に重機で削られ、見事に地層が見えた。30数年前にナウマン象が見つかった泥炭層も見えた。
 夜は元京都大学の石田先生や元道教育大の木村先生、足寄の澤村館長の化石談義に加えていただいたり、奈良教育大の長友先生、広島大の奥村先生、古環境研の早田さん、上越教育大の山縣先生と同宿で、近況やら研究の話やら。奥村先生からハンディGPSも見せてもらってすっかり欲しくなってしまった。
 土曜日も一日調査の様子を見学。各分野の専門家がそれぞれにサンプリングしたり堆積層を見ながら議論したりで、それを見聞きするのがとても楽しかった。調査の最後まで居たかったが、私は土曜日の夕方に現場を離れ帰札した。大いに刺激を受けた調査だった。
[PR]
by north-archaeo | 2007-10-28 23:14 | 旧石器