<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

センター入試での英語リスニングでICプレイヤーの不具合を訴えた受験生は351人居たという。昨年度は不具合の訴えが444台で検証して321台で装置の不具合が確認されたという。英語リスニングの受験者が約50万人だから、321/50万と考えると、0.064%の故障率(小数点を1桁間違えてましたので訂正しました)。日本製品は優秀といえるのかもしれないが、ちょっと待って欲しい。昨年444台で今年351台(実際の不具合は精査するともっと減るだろうが)と、あまり改善されていない点は見過ごせない。

続きを読む
[PR]
by north-archaeo | 2007-01-23 15:22 | 大学教育
センター入試の監督、終ったあ~。結構へとへとです。最後の英語リスニングも主任監督でしたが、ボクの試験室では機器の不良はなく、無事に終了!結局、本学会場は1台の不良品も無く、悪夢の再開テストは無しで済みました。緊張していたのでどっと疲れた。いや受験生はもっと疲れてるし、明日もあるんだよな。考古学SOLUTIONも終わったんだろうか?行きたかったなあ~。どっかに詳報はでるのかなあ?
[PR]
by north-archaeo | 2007-01-20 19:09 | 大学教育
種子島の大津保畑遺跡で約3万年前の火山灰層下で径90センチ、深さ1.2~1.4mの土坑が12基見つかったという新聞記事を見つけた。やはり陥し穴かなあ。1月始めに鹿児島旅行を計画していたんだけど、頓挫した。んんんやっぱり行けばよかった。
読売新聞記事はこちら
MBCニュース画像はこちら
[PR]
by north-archaeo | 2007-01-20 16:18 | 旧石器
まだ読んでないのに紹介するのも何なんですが、まずは新刊紹介。
T大大学院にいた山田氏が博士論文に加筆したという大著です。噂は聞いていたのですがとうとう出ました。
六一書房刊行です。目次詳細PDFはこちらへ
感想はまた読んで報告します。c0065797_18465113.jpg
[PR]
by north-archaeo | 2007-01-18 18:48 | 旧石器
久しぶりに武蔵国分寺を訪れた。西国分寺駅前の風景はボクがよく知っていた頃とは一変している。以前は殺風景な駅前で、雑木林が広がっていた。その先に中央鉄道学園があったのだが、そこは発掘調査され、旧石器から古代までの遺跡が見つかった。その後ここには大きな団地や公園が造成されている。
府中街道に沿う形で東山道が見つかり、広い歩道の下に保存された。歩道上には東山道の両側の側溝が黄色く区分けされており、当時の東山道の真上を歩くようになっている。こうした保存はなかなか楽しい。c0065797_1725521.jpg

続きを見る
[PR]
by north-archaeo | 2007-01-17 17:29 | 考古学
最近、三浦展氏の著作をよく読む。三浦氏は昨年ベストセラーとなった『下流社会』(光文社新書)の著者だが、格差社会を主として統計やインタビューから書く他の論者と異なり消費の視点から捉えていて興味深い。物質文化の消費問題から社会階層に迫るという点に、考古学と近いものを感じるのかもしれない。物質文化消費傾向・嗜好が社会階層によって文化資本という形で世代を越えて継承されるという点に、ブルデューの『ディスタンクシオン』(藤原書店)との類似性を感じた。

続きを読む
[PR]
by north-archaeo | 2007-01-04 16:42 | 考古学