<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本第四紀学会2006 年創立50 周年大会が8月の初旬に首都大学東京で開催される。発表題目は日本第四紀学会のHPか八ヶ岳旧石器通信に詳しい。
8 月4 日(金) 13:10-18:00のシンポジウム1:「最終氷期から完新世への急激な環境変動と人類」はなんとも魅力的に見える発表が何本もある。しかし私の大学はまだこの時期に夏季休業ではない。5日までは学期末試験だ。試験監督もあり、シンポジウムには参加できそうにない。
んんん無念!
[PR]
by north-archaeo | 2006-07-24 18:20 | 旧石器
道埋蔵文化財センターで旧白滝5遺跡の2003年調査資料の一部を見せてもらった。旧石器は一番高い段丘面とその下の段丘面とから出土している。現在調査中で先日の白滝石器作りフォーラムで見学したのは、この下の段丘面の続きの調査である。

続き
[PR]
by north-archaeo | 2006-07-21 12:33 | 旧石器
東京都埋蔵文化財センターが府中市武蔵台遺跡の調査を行っている。多摩蘭坂遺跡に近い地点で、武蔵台西遺跡に隣接する場所である。平成15年から調査しているのだが、Ⅲ~Ⅳ層でポイントが大量に出ている。Ⅴ層の石器群も出ている。そしてⅩ層の石器群が出ていて、点数は100点ほどであるが、これがまたいい資料である。石斧、石刃など野水遺跡資料との関連で見てみると、非常に面白い資料だと思う。武蔵台遺跡
個人的には武蔵台の以前の調査を何度も見学に来ていたし、多摩蘭坂遺跡の第二次調査も参加していたので、今回の調査地点はかなり懐かしい場所であった。
[PR]
by north-archaeo | 2006-07-20 17:09 | 旧石器
調布市野水遺跡第1地点の発掘調査報告書が刊行された。それで遺物を実見してきた。遺跡は立川面に立地し、第4文化層とされた石器群は立川ロームⅨ層下部~Ⅹ層上部段階の環状ブロック群(長径28m/短径25m)である。この段階の石器群としては、武蔵野台地屈指の遺跡だった。目を見張る内容だったのでリポートしたい。

More
[PR]
by north-archaeo | 2006-07-10 15:46 | 旧石器
ジョン・D・コックス著 東郷エリカ訳 『異常気象の正体』 河出書房新社を紹介したい。原題は CLIMATE CRUSH :Abrupt Climate Change and What It Means for Our Future 。グリーンランドの氷床コアと格闘し、氷期の急激な気候変動を解明した、多くの研究者らに取材した良質の科学ジャーナリズムである。
c0065797_184458100.jpg


More
[PR]
by north-archaeo | 2006-07-04 18:45 | 旧石器
昨日は日帰りで遠軽町白滝に学生たちと行ってきた。遠軽町主催の『古代ロマン体験セミナー』に参加させてもらった。高速道路が上川まで伸び、峠もトンネルなので、札幌から白滝まで3時間かからなくなった。近くなったものだ。1日は講演会、昨日は見学と石器製作体験。見学のメニューは道埋文センターの発掘現場の見学、赤石山山頂部での黒曜石採取、8号沢の大露頭見学。それから山を下りて昼食、悠々塾での黒曜石石器作りとなった。
c0065797_18372619.jpg

道埋文の調査地点は幌加沢の出口左岸にあたる地点(ホロカ沢Ⅰとされた地点と近接する遺跡と思われる)で、湧別川に面する細長い中位段丘平坦面に立地していた。数年前に高位段丘面と中位段丘面が調査され、今回は中位段丘面の続きの調査であった。

More
[PR]
by north-archaeo | 2006-07-03 15:33 | 旧石器