<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

西村ゼミではとにかく欧米(といっても英語だけだが)の考古学の理論・方法論的な問題が議論された。エジプト学から旧石器、縄文、弥生、古墳と専門を異にする院生が共通に議論できるのは、欧米の理論・方法論だったからだと思う。ヨーロッパ新石器を扱うものでも、ニューギニア民族誌でも、オーストラリアアボリジニでも、どこかの地域のステイトフォーメーションでも、そこから何かの方法や理論的な枠組みを抽出して日本のそれと比較検討してみたかった。遺物分類やその取り扱い方に問題があるものも多かったけれども、そんなことは気にしていなかったように思う。

More
[PR]
by north-archaeo | 2006-03-24 19:32 | 僕の学生時代
もう随分前のことになってしまったが、私のW大学大学院生活は先生たちに恵まれた至福の時間だった。修士課程の研究指導は学部に続いて故西村正衛先生で、先生の大学院ゼミでは早くからビンフォードらの文献を読んできていた。僕がいた頃は丁度ケンブリッジのnew directionシリーズが刊行されはじめ博士課程の院生は先を争って読んでいた。先生のゼミは毎回英文論文の要約と批評だった。発表が当たって訳をしたり批評したりすると、先生にも博士課程の先輩たちにも訳を直され、自分の人類学・社会学理論、科学哲学分野の無知をさらけ出す結果となり、いつも冷や汗をかいていた。

More
[PR]
by north-archaeo | 2006-03-21 23:12 | 僕の学生時代
昨日、出張で札幌から北見に向かうJRに乗っていた。白滝遺跡群13地点を通過した時、調査の写真を見せてもらうため芹沢先生のいらっしゃる仙台に行かなくては、と先生のことを思った。数年前、先生が僕のいる大学の博物館を訪ねてくれて白滝13地点の石器群の展示をご覧になり、仙台に帰るとすぐに大形石刃核の出土時の鮮明なカラー写真数枚を送っていただいた。すべてのネガを几帳面にかつ劣化のないよう丁寧に保存されていることが窺われる写真だった。他の写真も見せていただこう、調査の話も聞こう、車中でそう思った。
夕方、北見で芹沢先生の訃報を知らせる電話を受けた。信じられない思いだ。まだまだ伺いたいことが沢山あったのに。胸が重い。
今はただご冥福をお祈りするばかりである。
[PR]
by north-archaeo | 2006-03-17 11:18 | 考古学
久しぶりに捏造事件のことを書こうと思う。

 旧石器研究者にとって『岩宿』は特別な遺跡である。相沢氏が群馬県笠懸村の切り通しのローム層から石器を見つけ、それを持って東京の研究者に尋ねるが、ローム層からは石器は出ない、と相手にされなかった。それを芹沢氏に見せたところ、旧石器であることを直感した芹沢氏が杉原氏に発掘を勧め、やがて岩宿の丘に立つ。そして発掘によってローム層から石器が出土する。1949年の旧石器研究の幕開けの感動の物語である。
 その後各地でローム層から石器が見つかり、日本にも縄文時代以前の文化段階があることが徐々に認められていく。しか岩宿で発見された石器には研磨痕を有する石斧であり、これを旧石器とは認めがたいという意見があったもの無理からぬことだった。磨製石斧は新石器文化の特徴とされていたから、それがローム層から出たことが問題となったのだ。

More
[PR]
by north-archaeo | 2006-03-03 19:20 | 捏造事件