カテゴリ:未分類( 13 )

c0065797_6523561.jpg

 9月7日から12日の日程で峠下遺跡の2次調査が行われている。札幌国際大と札幌学院大の合同実習として実習されている。僕も学生2人と7日から参加させてもらっている。
 昨年の調査で2地点で旧石器を確認し、それを掘り進めているが、今年新たに1地点見つかった。しかし今のところ峠下技法がらみの石器の出土がない。
 今年は報告書写真を頼りに、51年前の調査区を探してトレンチを入れているが、まだ見つからない。今日から深掘りも始めないと間に合わなくなるなあ。
[PR]
by north-archaeo | 2010-09-09 06:52

桜がやっと咲いた。累積気温が開花温度に達した訳だが、今年は4月後半に気温が低下し、開花が遅れた。北国の春はわあっと全部一緒にやってくる感じだ。梅も桜も一緒に咲く。命が一気に芽吹く。先史時代も北国の春は待ち望まれ、忙しいものだったに違いない。今日はそんなことを考えながら、卒業生とその家族と公園で焼き肉。賑やかで楽しい春の訪れとなった。
[PR]
by north-archaeo | 2009-05-02 22:51
町村史をいくつかコピーするために札幌市中央図書館に行った。お盆休みのためもあってかなり混んでいた。コピー機で町史をコピーし始めて両隣を見るとどちらもゼンリンの住宅地図をコピーしている。また別の村史を取りに参考室に行きまたコピー機に戻ると、別の人が住宅地図をコピーしている。ふと見るとコピー機のすぐ脇にゼンリン住宅地図の棚があった。コピーする人が多いのでどうやらこの場所に置かれたらしい。「住宅地図は一人1頁まで」なんて貼り紙があるけどみんなお構いなし。住宅地図をコピーして飛び込み営業で使うのかなぁ?不思議な光景でした。
[PR]
by north-archaeo | 2007-08-14 15:57
feedpathというweb型のブログreaderを使っていました。登録してあるブログの未読記事を一覧できたり、読み込みもすばらしく早く快適でした。ああ!すべて過去形です。最近リニューアルしたら改悪になってしまい、本当に悲しい気持ちでいっぱいです。現在のfeedpath rabbitは画面中央に不必要なランキングが鎮座して、読み込みがひどく遅くなって、あまりに悲惨で使えません。あの快適だったfeedpathに戻して欲しい気持ちでいっぱいです。IT業界でこんな改悪ってあるんですね。驚きました。さて何がいいんでしょうか?これから放浪です。google readerは使い勝手が近いのかなあ?
[PR]
by north-archaeo | 2007-04-10 17:59
連休は本の整理をして過ごした。パソコンやデジカメ関係の雑誌は古いものから捨てないとすぐに溜まってしまう。週刊AERAも読んでない号を探して古紙回収行きだ。それにしてもAERAが女性向けになったのはいつからだろう。朝日ジャーナル廃刊で雑誌難民となりAERAに移行した。朝日は科学朝日も廃刊にしてその後のサイアスもまた廃刊にした。科学朝日は良い雑誌だったのに。朝日は気概を持って続けて欲しかった。日経サイエンスは毎号読むのはつらいし他に近年創刊された科学雑誌はちょっと物足りなかったりする。岩波の科学もリニューアルしてから読みやすくなったが固いし写真が少なく楽しめない。その中間くらいのレベルの科学雑誌がないものか。

教授法・授業改善の本をかなり買っていたが読んでいないものが溜まっていた。最近は50名程度の少人数の講義になったので私語に困ることもなく、コミュニケーションも取りやすく授業改善本が積読になった。久しぶりに読み返して反省。
[PR]
by north-archaeo | 2006-05-07 16:53
今日は苫小牧にいた。ある高校で進学相談会があり、その後は市内の高校をいくつかまわった。来月苫小牧で開催する移動キャンパスの広報のためだ。会場としてお世話になる駅前ショッピングビルにも打ち合わせに立ち寄った。地方都市は今どこも駅前の商店街が苦戦している。大型のショッピングモールが郊外のバイパス沿いにできているからだ。駅前に人通りが少ないと、その街はサビれ感が漂う。だから苫小牧も駅前商店街が打開策を模索している。しかしこうした事態は政治と行政の責任だ。古代の都市でも商業地は為政者によって定められ管理された。駅前に人の貫流するシステムをつくる必要があるが、それは本来政治や行政がやるべきことなのだ。無料駐車場や無料循環バス、市電の無料区間の設定など、外国では街を守る取組みが多い。日本の都市計画の無策は街を殺していく。
[PR]
by north-archaeo | 2005-06-16 18:52
日常的に使っていたVAIOのノートが重い病にかかってしまい、何人かに見てもらいましたが重篤な状態で回復の見込みがたちません。このところ携帯からの投稿が続いていたのはそのためです。
別のノートを借りてデータの移設が出来て、今日は初めてそのパソコンでネットにも接続しています。ただしB5ノートなんで、大柄の僕にはいかにも小さく、使い慣れません。トラックパッドに慣れていたのに、なんとかスティックのマウス操作もうまくいかないので、マウスを買ってつかっています。んんん慣れない、、、。
重症のVAIOをシステムの再インストールして治すか、新しいA4ノートを購入するか。科学研究費を取り損ねた今年は、購入はつらいなあ。
しばらくは慣れないノートで小さくなって書き続けましょうかね。
[PR]
by north-archaeo | 2005-05-30 11:36
c0065797_22113412.jpg
東京に来ている。東京は四月というのに24℃もあり、暑い。桜が満開だ。あちこちに花見の人が出ている。写真は千鳥ガ淵の桜だ。
[PR]
by north-archaeo | 2005-04-07 22:11
c0065797_1537556.jpg
今日はK路に来ている。少し仕事までに時間があったのでD立のK路芸術館に行った。真新しい煉瓦造りの外観、中も煉瓦だった。ちょうど写真展をやっているので観た。あまり広くはない展示室だかなかなか煉瓦を白く塗った内装は照明の変な反射がなく、重厚な雰囲気で悪くない。ボランティアの人たちもいて、小さいが快適な美術館だった。

c0065797_153758.jpg
K路は街が建築博物館のような所だ。釧路川の畔にはMOOがあるが内部は以前来たときより店舗が抜けて少なくなっていた。様々な装飾の施された非対称の独特な外観は新築当時は話題になったが、今は外壁のレモンイエローが薄汚れているのに塗り直しされず、廃墟感が漂っている。。


c0065797_1537510.jpg
今日の出張先はやはり釧路川の畔にあるホテルだが、初めて見たときラブホと思った。中は落ち着いたシティホテルで屋上は結婚式用のチャペルがあるのでこんなヘンテコな外観になっている。

K路は他にも博物館、その近くの工場みたいな外観の中学校、生涯学習センターなど、コンペで設計が決まった建物が多く、街が建築博物館なのだ。
[PR]
by north-archaeo | 2005-03-17 15:37

c0065797_21171714.jpg

今夜は帯広に泊まりです。高校生向けの進学相談会で出張です。

夜はO広の博物館のY原さん、うちの大学のOGのS島さん、U本さん、ボクの大学の後輩のK林君、5人で飲みました。Y原さんと会うといつも旧石器研究の話を延々します。彼は年下ですがボクの目標とする研究者の一人です。北海道の初めて縄文草創期の遺跡を掘り爪形紋土器を見つけ今は整理作業をしていて、北海道の縄文化について意見交換しました。白滝の台形様石器のことでも話し合いました。彼との議論はいつも有益です。

S島さんはボクのゼミの卒業生ですが、帯広で経験を積み、有能でガッツがあるたいした女性研究者です。頑張る卒業生です。
[PR]
by north-archaeo | 2005-03-16 23:36