津久井城跡の石斧資料

かながわ考古財団が今年調査した津久井城跡(第12回石器文化研究交流会 発表要旨 7~10ページ)の旧石器資料を野庭整理室で見学した。津久井城跡(相模原市)は神奈川の県北にあり、相模川と支流の串川に挟まれた城山の東端に位置する。山梨にも多摩丘陵にも近い。串川は山梨へと抜けるルートになるようだ。B1~B4の資料が出土しているのだが、B4の石斧関連資料が面白かった。

台形様石器は黒曜石製、凝灰岩製のものがあり、局部磨製石斧が何本も出ている。素材縁辺を残置して両側縁を成型した小型のへら状石器もある(第4図下段左端、とても薄いので精製の台形様石器ではないか。もう1点ペン先状を呈するものがある。どちらも安山岩製)。ナイフ形石器もある(報告者の畠中氏はB3相当ではないかと)。整理作業が始まったばかりでB3,B4の資料区分はこれからのようだった。凝灰岩の打面転移剥片剥離、剥片素材石核などが主体である。武蔵野台地の遺跡でよく見かける黒色粘板岩(頁岩?)製の剥片類もあり、水晶製石器もある。石材論からも面白そうだ。

B4相当で石斧素材と思われるが資料が出土している。石斧素材を取ったと思われる30cmを超える凝灰岩製石核がある。またホルンフェルス製の大形礫を3分割して板状の素材にし、たぶん石斧を製作しようとしたのだろう、一辺の両面で扇形剥片を遺跡内で取っている(チョッピング・トゥールとしか言いようが無いが)。同様の板状凝灰岩素材は、部厚すぎたのか、途中で製作を止めている。製作を続ければ、かなり大形の石斧ができただろう。完成品の石斧には大形品はない。非常に薄手の石斧が主で、厚手のものはリダクションがかなり進行した状態(上記文献第4図下段左から2点目)である。

凝灰岩製の剥片も大量に製作されており、石斧資料もやや軟質の凝灰岩であり、接合資料も多そうで整理はなかなかたいへんだろう。完成品の石斧と未成品や石斧製作剥片がどんな分布をしているのか、興味深い。整理作業の進展が楽しみであり、神奈川県内では最も良好な石斧資料であることは間違いない。最後になるが、担当の畠中さん、本当にありがとうございました。すごくいい資料です、整理作業頑張ってください!
[PR]
by north-archaeo | 2007-12-05 13:10 | 旧石器