ホロカ沢Ⅰ遺跡

c0065797_23331749.jpg

 白滝で北海道埋蔵文化財センターが実施しているホロカ沢Ⅰ遺跡の調査を見学してきた。堆積状態が湧別川右岸の遺跡群とはかなり異なっている。左岸は山地が迫っているので違うのだろうか。調査を担当するS本さんが丁寧に説明してくれた。今年度の白滝調査は面積も広い上に堆積層が厚く(旧石器が出土している小谷の堆積層は1mを優に超えていた)かなり大変そうで、忙しいそうだったので本当に申し訳なかった。
 吉崎先生の発掘調査地点を含む場所を掘っているのかもしれないのだが、昔の発掘区はまだ見つかっていないそうだ。出土資料の内容もちょっと違っている。当時の調査地点の記載された資料がないので、この調査が頼りだ。期待したい。
[PR]
by north-archaeo | 2007-09-11 23:45 | 旧石器