暖冬

c0065797_164826.jpg
日本列島は異例の暖冬だった。しかし3月の声を聞いてもキャンパスは雪の積もったままだ。このまま大雪は降らないで終わって欲しい。近年道内では太平洋側で3月~4月にドカ雪が降る。昨年のゴールデンウイークも積雪で北十勝の踏査が出来なかった。今年の連休こそ遺跡踏査に出かけたいのだが果たしてどうなるだろうか。
さて十勝三股は有名な黒曜石原産地だが、まだその露頭は見つかっていない。十勝三股は古くはカルデラ湖が形成されてい盆地である。噴出年代が古く、カルデラ壁はかなり崩れている。
近年、栃木県の高原山ではカルデラの縁で黒曜石露頭が見つかり大きな話題となっている。十勝三股にもどこかに大きな露頭があるのかもしれないが、ヒグマの生息地だけに容易には入り込めない。雪にヒグマに障害は多い。毎日天気が気になってしまう早春である。
[PR]
by north-archaeo | 2007-03-02 16:04 | 考古学