嫌な予感

嫌な予感が的中。1月20日の東京国際フォーラムでの考古学SOLUTIONを楽しみにしていたが、センター入試の監督が当たった。私大でセンター入試利用型の入学試験を導入すると、大学で試験会場も引き受けねばならない。小さな私大では監督業務はなかなかに大変だ。日曜日への担当変更もダメだった。理由はリスニング試験!昨年度から導入されたリスニング試験。この監督は本当にたいへん。確か3冊のマニュアルを熟読して臨んだ。幸いボクの試験室ではまったく何事も無く終了し、ホントにホッとした。今回も事故があってはいけないので、経験者が監督というわけだ。
行けないとなると気になるなあ。
[PR]
by north-archaeo | 2006-12-15 09:14 | 考古学