訃報

昨日、出張で札幌から北見に向かうJRに乗っていた。白滝遺跡群13地点を通過した時、調査の写真を見せてもらうため芹沢先生のいらっしゃる仙台に行かなくては、と先生のことを思った。数年前、先生が僕のいる大学の博物館を訪ねてくれて白滝13地点の石器群の展示をご覧になり、仙台に帰るとすぐに大形石刃核の出土時の鮮明なカラー写真数枚を送っていただいた。すべてのネガを几帳面にかつ劣化のないよう丁寧に保存されていることが窺われる写真だった。他の写真も見せていただこう、調査の話も聞こう、車中でそう思った。
夕方、北見で芹沢先生の訃報を知らせる電話を受けた。信じられない思いだ。まだまだ伺いたいことが沢山あったのに。胸が重い。
今はただご冥福をお祈りするばかりである。
[PR]
by north-archaeo | 2006-03-17 11:18 | 考古学