日経サイエンス2005年9月号

日経サイエンスの9月号に『人類文化の夜明け  早かった象徴表現の起源』と題する論文が載っている。このHPでも紹介してきたブロンボス洞窟の出土品をめぐるヘンシルウッドの象徴表現をめぐる現代人の文化について紹介されている。ネアンデルタール人の象徴的遺物なども紹介しながら、象徴的思考が10万年以上前に可能だったことが記されている。馬場悠男氏の解説も載っている。学生諸兄には一読をすすめたい。
[PR]
by north-archaeo | 2005-08-16 15:41 | 旧石器