あれから15年

最近全くアップしていないこのブログですが、ここに記しておきます。
旧石器捏造の毎日新聞スクープから今日で15年になります。最近この話題にあまり接しなくなりましたが、今年も来週の授業で、この事件をテーマに話します。リアルタイムの記憶のない学生が増えました。歴史の授業で聞いた、という大学生が多いのです。だからなのか15回の中でベスト授業、と学期末の授業評価アンケートにコメントする学生が毎年います。
旧石器研究は15年で何が変わったのでしょうか。変わっていないという研究者もいます。しかし確実に前に進んだこともあります。多くの旧石器研究者の努力で、日本旧石器の国際化は確実に進みました。アジアやユーラシアの中での日本旧石器を相対化し海外への発信することは成功しつつあります。
「列島最古の旧石器」については、どうなったでしょう。この議論は現在も混沌の中にあります。自然破砕の研究が進んでいないため、人工品・自然破砕品の判別問題は解決していません。こうした基礎研究はなかなか進みません。
また後期旧石器以前の石器の可能性がある石器群について、扱わない、触れない、語らない、という立場の研究者が多いのも現状です。当然でしょう。
この15年を振り返り、私がお話を聞いてみたい研究者3人に話し合いいただく場を用意しようと思っています。詳細は後日。

[PR]
by north-archaeo | 2015-11-05 17:46 | 捏造事件