春の雪、青春の悩み

十勝N平湖で連休中に予定していた遺跡分布調査は中止を余儀なくされた。なんと先週かなりの積雪があったようだ。O広在住の卒業生が写真を撮って送ってくれた(左写真)。林道にはかなりの雪が、、、。連休後に調査する他ない。昨年は大雪で湖岸遺跡は早々と水没、今年は春の雪。仕方がないこととはいえ、自然に左右されてしまう。

今日はH大大学院に進学したAさんが大学にやっきたので、新しい学内のカフェに案内した。修士論文の計画書を作成するので、いろいろな人に相談しているらしい。研究テーマを決めるのは本当に難しい。そのテーマが今後伸びていく分野や視点なのか、修士論文で止まってしまうのか。決まるまで悩むことだろう。でも研究者にはずっと付いてまわる悩みであり、楽しみでもある。割り切って楽しまないと。今思うと、自分も修士の頃が一番時間があったかもしれない。今日は彼女の話を聞いていて、ちょっと羨ましかった。
[PR]
by north-archaeo | 2005-04-25 14:34 | 旧石器