最古の装飾品

南アフリカのブロンボス洞くつで発掘された、7万数千年前の新人の装飾品が、一日だけ東京科学博物館で特別公開される。装飾品としては最も古いものだろう。自分の身を飾る行為、または装飾品自体に何らかの記号的な意味があった可能性もある。象徴の理解と共有という高次の知的活動を推測させる遺物だ。是非下のページを見て欲しい。


http://www.kahaku.go.jp/news/ochre/index.html

[PR]
by north-archaeo | 2005-03-29 12:43 | 旧石器