草刈りとGPS測量

昨日は峠下遺跡の調査準備で杭打ちに行ったのだが、草刈りだけで終わってしまった。古い笹が折り重なって密集していてなかなか手ごわかったのだ。午後から矢吹さんと2人で刈ったのだが全部は終わらず、残りは矢吹さんにお願いした。感謝。
臼杵先生のGPS測量は無事にデータ収集を終えた。さすが臼杵先生はモンゴル調査で慣れた手際で、学生共々GPS実習を受けたようだった。
天気が回復する来週、今度こそ杭打ち。それにしても国道393号線の開通(昨年秋)で倶知安は近くなった。小樽朝里経由で大学から峠下遺跡まで2時間を切る。正直助かる。
[PR]
by north-archaeo | 2009-08-27 17:53 | 旧石器